phuket.typepad.jp > タイ旅行 大理石寺院 バンコク

タイの首都バンコクは、シンクタンク社によれば東南アジア経済圏では、シンガポール、クアラルンプールの次に大きいと評価されています。観光資源も多くあり「微笑みの国タイランド」と呼ばれるほど旅行者に親しみを持たれている観光都市です。今回はラマ5世によって1899年に建立された大理石寺院の紹介。ドゥシットエリア北側にあり、正式名称はワット・ベンチャマボーピットとも呼ばれます。英語ではMarble Templeと呼ばれるのは、屋根瓦を除く大部分に大理石を利用しているところが由来。当時、欧州を旅されて欧風建築の大理石の美しさに心惹かれたラマ5世。イタリアから大理石を取り寄せ、伝統的なタイの寺院建築に取り入れ完成された美しい寺院です。広い中庭の壁にはブロンズの仏像が並び、ステンドグラスが窓にはめ込まれ、オレンジ色の色鮮やかな瓦屋根が印象的。本尊には建立創始者のラーマ5世の遺骨が納められていて、本堂の裏手には、アジア各地から集められた仏像が安置されているのも面白いです。大理石人寺院へのアクセスは、BTSパヤタイ駅からタクシーが便利です。

ご希望の方は、下記のプーケットしまかぜ案内人の旅案内所へお問い合わせ下さい!
↓↓↓
24時間問い合わせ日本語ダイヤル
日本から 66 8 0145 0593
タイ国内から 08 0145 0593
お問い合わせメール mail@bai-mai-tour.com

>>>プーケット島風案内人の旅案内所で離島ツアー・観光アクティビティーのご予約
>>>シミランクルーズ&プーケット近郊の日帰り体験ダイビングファンダイブのご予約
>>>プーケット島の豪華・ローカルスパ&エステのご予約
>>>プーケットのホテル予約・口コミ情報&SALE随時開催

P1110626
P1110612
P1110617
P1110620
P1110616
P1110614
P1110610
P1110624
P1110602
P1110609
P1110582
P1110599
P1110603
P1110597
P1110605
P1110588
P1110606
P1110580
P1110584
P1110600