phuket.typepad.jp > タイ旅行 ワット・アルン バンコク

タイの首都バンコクは、1782年、ラーマ1世がそれまでのトンブリーからチャオプラヤー川対岸に遷都したことに始まり、現在は東南アジアで屈指の国際都市となっています。今回はバンコクで人気のある寺院の一つ「ワット・アルン(「暁」の意)」の紹介です。バラモン教(ヒンズー教の前身)の寺院で、ワット・ポーとはチャオプラヤ川を隔てた向かいにある「トンブリー地区」に位置します。トンブリー王朝を開いた時に、ここを王室の寺院とした事から栄え始めました。三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなった古都で有名な寺院で、チャオプラヤ川の川沿いにたたずむその姿は、バンコクを代表する歴史を感じる美しい風景の一つ。最も特徴的な大仏塔はバンコク様式で、高さは75m、台座の周囲は234m。中心の大仏塔を4つの小塔が取り囲み、巨大な2体のヤック(タイの仁王)に両脇を守られた本堂の入り口があります。120体の仏像が並んだ回廊は見事。トンブリー朝時代、ここは中国人街だった事もあり、寺院内は中国美術や中国式石像も多く見られます。ワットアルンへは、チャオプラヤ・エクスプレス(チャオプラヤ川を走る渡し舟)のターティエン駅から川の反対側へと亘るとあります。

ご希望の方は、下記のプーケットしまかぜ案内人の旅案内所へお問い合わせ下さい!
↓↓↓
24時間問い合わせ日本語ダイヤル
日本から 66 8 0145 0593
タイ国内から 08 0145 0593
お問い合わせメール mail@bai-mai-tour.com

>>>プーケット島風案内人の旅案内所で離島ツアー・観光アクティビティーのご予約
>>>シミランクルーズ&プーケット近郊の日帰り体験ダイビングファンダイブのご予約
>>>プーケット島の豪華・ローカルスパ&エステのご予約
>>>プーケットのホテル予約・口コミ情報&SALE随時開催

DSC02238
DSC02234
DSC02228
DSC02230
DSC02231
DSC02232
DSC02237
DSC02233
DSC02236
DSC02229
DSC02239
DSC02235
DSC02251
DSC02246
DSC02242
DSC02240
DSC02244
DSC02243
DSC02249
DSC02245
DSC02248
DSC02252
DSC02241
DSC02247
DSC02260
DSC02264
DSC02253
DSC02255
DSC02256
DSC02263
DSC02257
DSC02262
DSC02258
DSC02254
DSC02265
DSC02261
DSC02266
P1110428
DSC02269
DSC02268
DSC02267
P1110387
P1110417
P1110429